Menu

シーリングの劣化原因と補修方法_copy_2

Home

優翔企画日記|ブログ

シーリングの劣化原因と補修方法

シーリングの劣化原因

《まとめ》
外壁とシーリング材との間に隙間ができる剥離(はくり)現象の原因は、プライマーの塗り忘れ、塗りムラ、地震等での外壁の動きにシーリングの接着強度が耐えられなかった事が考えられます。
シーリング材の真ん中が切れる破断(はだん)の原因は、コーキング材自体の劣化、寿命が考えられ、シーリング材がとれた状態の欠落(けつらく)の原因は、プライマー不足とシーリング材の選定不足が考えられます。

シーリング劣化の正しい補修方法

既存シーリング撤去

既存のヒビ等の入ったシーリングを全て撤去します。

プライマー塗布

プライマー(接着剤)をハケでしっかりと塗っていきます。
この作業があまいと剥離の原因になります。

ボンドブレーカー貼付

ボンドブレーカーを目地に貼る事で、外壁の伸縮に応じてコーキング材が伸縮し剥がれにくく、耐久性も高くなります。

コーキング材注入

変成シリコンを目地に充填していきます。

ヘラでならし仕上げ作業

ヘラで圧力を加えてながら、綺麗にならしていきます。